カウンセリング

相談することが重要です

うつ病は様々な原因で発症するので、原因ごとに応じた治療をする必要があります。専門医と相談することでうつの原因が分かることが多いので、早めの受診がオススメです。また、抗うつ薬は徐々に回復させる薬なので、指示された通りに使用することが重要です。

男の人

キッカケに合った療法

うつ病発症の原因となる生活や社会環境、ものの考え方などを患者さんが見つめ直し、自ら解決できるように医師が援助する治療も行われています。このことによって、早い段階で回復を図れるだけではなく、再発も予防できる考えです。

どんな人にも起こり得る病

男性

まずは理解する事が第一歩

もう何年も風邪すら寄せ付けない健康体、バリバリ仕事をこなし、明るくはつらつ、そんな元気な人にも、じわりじわりと迫り来る病があります。昨今では、かなり認知度も上がり、ストレスチェック等により発見される事も多くなってきた病の名前は、うつ病です。うつ病の原因も様々で、発症時期や、症状のあらわれ方も個人差があります。中学生や高校生など、比較的、若年層のうつ患者は軽症で済む場合が多く、定年後の中高年や高齢層では重症化する傾向にあるようです。高齢層のうつ患者が重症化してしまう原因のひとつに、患者自身が、自分の病気がうつ病であることを、なかなか認める事が出来ないという点にあります。認知度が上がってきたとはいえ、うつ病に対して、マイナスなイメージを抱く人が少なくないのも事実ですので、自分がそのような病にかかってしまえば、恥ずかしい、情けないと考えてしまうのも無理のない話しです。しかし、そのようなイメージだけで、自身の抱える病と向き合わずにいれば、うつ病はどんどん重症化していき、完治までは程遠い道のりが待つばかりです。しっかりとうつ病への理解を深め、発症に至った原因を見つめ直し、信頼する医療機関で正しい治療を行う事こそが、最も重要なのです。近年では、うつ病は治らない病気ではなくなってきました。うつ病を単なる怠け病などと軽視する風潮があった時代は、とうの昔の話です。現在では、かなり効果が見られる薬も開発され、医師の適切な指導のもと、ほぼ全快に近い状態まで回復したうつ患者が多数、存在しています。もちろん、誰しもがあっさりと回復しているわけではありませんが、治らない病気と悲観する時代では無いことだけは確かな事実です。最近、気分の優れない日が続いている、以前のように元気が出ない、食欲が起きない、毎日が何となくつらいと感じるなど、少しでも体調の変化を感じた時は、1度、うつ病が原因かもしれないと疑い、心療内科や精神科の受診をおすすめします。自宅で、鬱々と日々を過ごしていては決して良い方向には、道がひらけていきません。踏み出す勇気があるうちに、是非、うつ病治療の第一歩を踏み出しましょう。

医療

女性のほうが罹患しやすい

職場などでの過剰なストレスなどが原因とするうつ病は年々増えてきています。特に女性は男性よりも多くの発症要因を抱えており、クリニックなどへの受診の目安を知り、もしもの時に備えておくことが大切になります。

女の人

どのような病院が良いか

うつ病を発症する主な原因はストレスといわれています。そのストレスが溜まってしまう原因がどのようなものなのか、病院で診察してもらうときに医師ががしっかりと患者の話を聞いてくれるかがかぎとなることがあります。

男性

精神疾患について学ぼう

何の予兆もなくうつ病になってしまうケースも多く見受けられており、人によって原因が違ってくるようです。誰もが発病の可能性があるので、基本的な知識をつけ、うつ病の症状が表れても対処できるようにしておきましょう。