ナース

相談することが重要です

カウンセリング

薬などが用いられます

うつ病は近年増加してきている精神疾患の一つであり、気分が落ち込んでしまう抑うつ状態が長期間続いてしまうという特徴があります。うつ病を発症してしまう多くの原因は精神的な疲労の蓄積と言われていますが、辛い経験や仕事上でのミスなどが原因で発症することもあります。この事から、うつ病の発症原因は人それぞれで異なっており、原因ごとに応じた治療を行っていくことが重要と言えるでしょう。具体例として、何かしらの疾患にかかって気分が落ち込んでしまった場合、落ち込みの原因となった疾患の治療を特に優先して行っていくことが挙げられます。うつ病治療は主に、専門医とカウンセリングを行って原因を明らかにし、指示に従って治療を行っていくという方法となっています。カウンセリングでは簡単なうつ病チェックや相談などが行われており、自分がどの様なことに悩んでいるのかがはっきりしやすいというメリットがあります。また、悩みを相談することによって精神的な負担をその場で軽減出来ることもあるので、すぐに不安を取り除けられるというメリットもあります。そのため、信頼できる人に相談したいと思った場合や気分が落ち込む原因が分からない場合、専門医やカウンセラーの方に早めに相談するのが良いでしょう。症状が重いと判断された場合の治療方法として、抗うつ薬を使用する方法が挙げられます。抗うつ薬は脳内の神経伝達物質量を調節する作用を持っており、正常な判断や感情のコントロールができるようにする薬となっています。徐々にうつ状態を回復させていく薬であることが多いので、抗うつ薬が処方された場合は飲み忘れに十分注意する必要があります。また、うつ病は自覚症状が乏しいので、治っていないのに改善したと勘違いしやすいという特徴があります。そのため、体調が良くなっても自分で抗うつ薬の使用を中止しないようにし、専門医と相談してから徐々に止めていくようにする必要があります。うつ状態の方は疲労が限界まで溜まっていることが多いので、治療の際には何よりも休むことが重要と言われています。この事から、うつ病と診断された場合は無理のないように休暇を取り、精神的にも肉体的にも安静にすることが大切であると言えるでしょう。